〒211-0063 
神奈川県川崎市中原区小杉町3-441-1 2F

加藤順クリニック 電話 044-272-7201

トップ >>神経内科

神経内科

神経内科とは

神経内科とは脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気をみる内科です。

よくある症状は物忘れ、頭痛、しびれ、めまい、脱力、痙攣などたくさんあります。
神経内科はまだまだ一般の人には十分に理解されていないことを日常の診療にて痛感しております。特に精神科、心療内科と同じように考えてしまいがちです。神経内科はわかりにくいとよくいわれます。科の名称が紛らわしいためと思われます。

精神科、精神神経科、神経科、心療内科などは精神科の仲間で、主に気分の変化、精神的な問題を扱う科です。しかしながら神経内科で扱う疾患やそれにかかわる症状はなかなかすぐに良くならなかったり、精神症状を伴ったり、徐々に進行してしまう難病と言われる患者は精神的なケアが必要な場合もございます。

神経内科は基本的には脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。身体を動かしたり、感じたりすることや、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこのような病気を疑います。症状としてはしびれやめまい、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせる、しゃべりにくい、言葉が出てこない、ものが二重にみえる、頭痛、手足がかってに動いてしまう、物忘れ、意識障害などたくさんあります。

神経内科で扱われる病気には脳卒中をはじめ、髄膜炎、脳炎、頭痛、自律神経失調症、不随意運動などの他、
パーキンソン病、ハンチントン舞踏病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性硬化症、多発性硬化症などいわゆる難病も含まれています。

もっとも重要なことは神経内科の疾患の中には脳卒中や髄膜脳炎、脊髄梗塞、脳炎など緊急を要する疾患と、ゆっくりと進行していく病気や2-3年経過をみていくうちに診断がつく病気など様々であり、一般の人には理解が難しいと思われます。
最近は脳卒中科や脳神経内科など急性期の神経疾患を扱う診療科を別に設けている病院も出始めました。急に言葉が出なくなった、意識がない、右半身が動かない、痙攣しているなどの場合は緊急を要する可能性があり、救急要請の上、緊急でCTやMRIが施行出来る病院を受診することが必要です。
1日待って明日になっても治らなかった病院に行こうと思って放っておいたら重度の後遺症が残ってしまったり、命にかかわることもありますので注意しましょう。

自分の体が不自由になり、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があるのではないかと感じた時は神経内科を受診してみたらいいのではないかと考えます。

頭痛

こちらをご覧ください

神経難病外来

神経難病はパーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋委縮性側索硬化症、 大脳皮質基底核変性症、進行性核上性麻痺、筋ジストロフィーなどがあり、次のような症状が出現します。

パーキンソン病

パーキンソン病は主に50歳以降に発症します。代表的な症状は

手のふるえ
  1. 手のふるえ
  2. 手足の筋肉がこわばる
  3. 体の動きが遅くなる
  4. 倒れやすくなる

などがあります。
適切な治療を受けることにより、症状が改善する可能性があります。
一つでも症状を満たす場合はご相談ください。

今後予想されるさらなる高齢化社会において、在宅療養は当たり前の時代になりつつ
あります。
しかし行政を含め現在の体制はまだまだ改善すべき点が多く見受けられます。
介護で苦労されている方、本人や家族にとって最良の方法はなにか共に考えましょう。

脊髄小脳変性症

いくつかの病型がありますが、初発症状は歩行時のふらつきのことが多く、ゆっくりと進行する病気です。
呂律障害を伴うことが多く、病型により手足の筋肉の委縮や不随意運動、下肢のつっぱり、
たちくらみ、インポテンス、排尿障害で発症することもあります。

遺伝性のものと非遺伝性のものがあります。

筋委縮性側索硬化症

運動ニューロン疾患のひとつであり、手足の動きが悪くなり、筋委縮、筋力低下を伴ったり、
呂律障害、嚥下障害をきたし、呼吸筋麻痺を伴う場合があります。

神経難病外来について

神経難病にはパーキンソン病や重症筋無力症など内服薬や外科的治療が比較的奏功し、長期にわたりADLが保たれる疾患もあれば、とても進行が早く、治療薬があまりなく先の事を考える間もなく、生活の自由が奪われ、呼吸や嚥下に障害を来すものも少なくありません。

病期の進行により、医療や介護の依存度が高くなりますが、長期入院の可能な病院が少ないこと、あるいは生活の質の向上のため在宅医療を選択するケースが多くなっております。

当院ではまず、患者さんの介護者と面談をし、相談の上で、本人の意見を尊重し、療養の方針を決定致します。嚥下困難や呼吸不全に至ってしまった際に、胃瘻や中心静脈栄養、気管切開、人工呼吸器の装着などについては賛否両論ありますが、あくまでも本人の意思を尊重した上で家族と長期的な予後や将来のイメージを自分の経験などから説明し、理解してもらった上で方針を決定します。

私は大学病院の神経内科に14年あまり勤務し、様々な神経難病の在宅への移行を数多く経験し、いろいろなケースで家族が困ったことや患者本人の悩みなどを聞いていろいろと考えさせられました。
「こんなはずじゃあなかった。」「こんなことを希望していない。」など後悔することがないよう、進行の早い疾患については早めに今後予測される病状や予後などを理解させた上で必要な準備をしていきます。

必要に応じて訪問看護師、薬剤師、理学療法士、などと連携を取りながら、入院が必要な時はかかりつけ病院などと緊密に連絡を取りながら、安心して療養生活を送れるよう支援します。

介護で苦労されている方、不安を出来る限り取り除き、本人や家族にとって最良の方法は何かを共に考えましょう。

トップへ戻る